車査定で絶対にやってはいけないことと、出張査定がおすすめじゃない人。

走行した距離が長くなれば長くなるほど車の状態が悪くなり、それと同時に査定額も安くなってしまう傾向にあります。

車を少しでも高く売りたいという思いはみんな同じだと思いますが、だからといって走行距離のメーターをいじって実際よりも短くしてしまうと、当たり前ですが、それは詐欺となってしまうので、走った分はもうどうしようもないとあきらめ、そのままで査定してもらうようにしてください。そして今後は車を売りに出すときの事を考え、余計な距離を走らない方が良いでしょう。

 

実物の車を査定する段において、出張査定はそこそこ人気のようです。僕のまわりでも出張査定してもらう人がかなり多いわけですが、その利点はなにしろ自分で車を運転して車を持ちこまなくていいから楽ですし、持ち込むための運転をしないので当然燃料代もただになるということです!

がしかし、頼みを断れないタイプの押しに弱い人は自宅に業者を呼ぶスタイルの出張査定よりも、自分で運転して持ち込み査定を受けるべきかもしれないです。

僕の知り合いで一人、業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになってしまい、その業者の押しに断ることができず、結局、査定額に不満があったものの売ってしまったらしいので。